保険適用について

保険適用について

保険適用について

包茎手術は切開・縫合などを伴う外科手術の一種となり、
全ての症例に健康保険が適用されるものではありません。
健康保険は「医療が必要な状態である」と認定された場合のみ適用される制度であり、「病気ではない」と診断された場合は保険利用はできません。
そのため、見た目のコンプレックスはあるものの、日常生活を送る上であまり支障のない仮性包茎は原則、保険適用ではない、自由診療となるのです。


保険が適用される包茎手術

以下2つの包茎については健康保険適用のもと、低価格で手術を受けることができます。
真性包茎
通常地・勃起時に関わらず、亀頭が包皮に覆われ全く露出しない状態のこと。 包皮輪が狭かったり、あるいは癒着をしているために包皮をむくことができない。 非常に不衛生になりやすく、性病にかかりやすい。 泌尿器科で手術を受けるとおよそ2〜5万円程度で治療することができる。
カントン包茎
包皮輪が狭く、勃起時に陰茎をしめつけてしまう状態のこと。 締め付けによって亀頭が鬱血すると最悪の場合、鬱血した部分が壊死してしまうおそれもある。 その為、早めの処置が必要となる。 真性包茎同様、病気として認定されており、手術は保険適用となる。

包茎手術は専門クリニックが断然オススメ!

真性包茎・カントン包茎以外の包茎手術は原則として自由診療となるが、たとえ仮性包茎であっても一部の病院では健康保険適用のもと、包茎手術を受けることができます。 泌尿器科での包茎手術は見た目やデザイン性が考慮されないことが多く、仮性包茎そのものは治っても傷跡が残ってしまったり、陰茎がツートンカラーになってしまうケースがよくあります。 費用は安く済みますが、見た目を重視する・手術したことを他人に知られたくない方は包茎手術専門のクリニックを利用されることをおすすめします。 バレない包茎手術をお望みならば断然専門クリニックがお勧め!
ABCクリニック
3つのA”安価・安心・安全”で多くの人に選ばれている。納得の価格帯と、経験豊富なカウンセラー・医師が全力でサポートしてくれるところも高評価を得ている。クチコミでの人気クリニックでは堂々のNO1!ABCクリニックでは包茎治療、亀頭増大、早漏治療等の手術の際の衛生管理を徹底しており、特に手術後の感染症などに対しては万全のケア。感染防止に最大限努め、安全・安心の環境で、手術に望める。
上野クリニック
累計23万人以上の治療実績!丁寧な手術には定評あり。全国19ヶ所にクリニックがあり、サポート体制は万全!他の患者とは顔を合わさない完全予約制や、仮名での診療申し込み制など、プライバシーを守るための制度を実施。また、多数の症例を基に親切・丁寧な無料カウンセリングを行っている。
東京ノーストクリニック
開院20年は信頼の実績。最新麻酔技術を取り入れた包茎治療、亀頭増大、亀頭周辺のブツブツ治療も行っている。 経験豊かな病院スタッフはすべて男性で、診察も先生とのマンツーマン、しっかりとしたプライベート空間を提供している。

保険適用について


ホーム RSS購読 サイトマップ