包茎手術の基礎知識

包茎の種類

包茎の種類

本来のペニスとは大人になるにつれ包皮が剥け始め、通常時にも亀頭が露出した状態にあります。
逆に亀頭が包皮に隠れた状態を一般的に「包茎」と呼びます。
有名な話ですが日本人の男性7割は「包茎」と言われています。
包茎はその状態によって「仮性包茎」 「真性包茎」 「カントン包茎」 と種類分けされます。

仮性包茎

通常時は皮が余っており、皮が亀頭にかぶさってしまっている状態。           勃起時、包皮を手で陰茎部の根元まで剥けば亀頭が簡単に出てくる。     いつも皮に覆われている為、亀頭が出た状態になると敏感になり、早漏気味になる場合もある。 包皮と亀頭の間にばい菌がたまりやすく、病気を誘発することもあり、性病にかかりやすいのも仮性包茎の特長のひとつ。常に清潔に保つように意識する必要がある。

真性包茎

包皮が常に亀頭に被さっており、自分では皮が剥けない状態。              包皮と亀頭が癒着してしまっている為、無理に皮を剥こうとすると痛みや出血を伴う。 自己判断で無理に剥いてしまって出血などした場合、緊急手術が必要な場合もあるので要注意。 真性包茎の場合は包皮に邪魔されて性行為の妨げとなり機能面や衛生面でも大いに問題が生じてしまう。 包茎手術の必要性が高い包茎の種類である。

カントン包茎

通常時は亀頭を露出できるが、勃起時に露出しようとすると痛みを伴い、亀頭が締め付けられてしまう状態。 包皮を剥いても包皮口が狭いため、思うように出し入れが出来ずに痛みが伴う。 締め付けがきつい時に無理に亀頭を剥くと包皮が戻らなくなり、亀頭下部分が腫れてしまう。 その状態が長く続くと血液やリンパの循環が悪くなり、亀頭が鬱血し、最悪の場合壊死してしまうこともある非常に危険な包茎といわれている。発症した場合は早急に治療をする必要がある。

包茎のデメリット

精神的なもの
包茎はその見た目から精神的なコンプレックスを持つ男性が多いようです。 幼稚に見えてしまったり、包茎が原因でとても小さく見えてしまうのが原因です。 包茎は病気ではありませんが、コンプレックスの有無は性格や行動に対して大きく影響してくるのでいざという時、男らしく振舞えるかどうか分かれてきます。
機能性
包茎とは単に皮が被っているだけでなく、その皮がペニスの成長を阻害している場合もあるようです。 これが原因での先細りや、ペニス自体の大きさが実際よりも小さく見えやすく、サイズに悩む方も少なくありません。 SEXとの関係でいえば、確実に早漏気味になるはずです。 早漏の原因も何種類かに分かれますが、普段皮を被っている亀頭はそれだけ敏感になってしまっているという事です。また、早漏=駄目というイメージの強い女性も多く女性側への刺激も伝わりづらい為、包茎治療後に女性が満足しやすくなったという結果はよく聞きます。
衛生面
包茎の場合、包皮内に尿や恥垢(ちこう)を溜め込んでしまいます。 それらが体温で温まってしまうと、雑菌等が繁殖しやすくなるのです。 尿道炎や亀頭炎、包皮炎など様々な病気を発症することも多く、臭いも生じてきます。 この不衛生な状態のままSEXをすると女性器にまで悪影響を及ぼすこともあり、女性が膣炎などを引き起こす可能性も高まります。
 包茎治療は安心・安全なクリニックで!
ABCクリニック
3つのA”安価・安心・安全”で多くの人に選ばれている。納得の価格帯と、経験豊富なカウンセラー・医師が全力でサポートしてくれるところも高評価を得ている。クチコミでの人気クリニックでは堂々のNO1!ABCクリニックでは包茎治療、亀頭増大、早漏治療等の手術の際の衛生管理を徹底しており、特に手術後の感染症などに対しては万全のケア。感染防止に最大限努め、安全・安心の環境で、手術に望める。
上野クリニック
累計23万人以上の治療実績!丁寧な手術には定評あり。全国19ヶ所にクリニックがあり、サポート体制は万全!他の患者とは顔を合わさない完全予約制や、仮名での診療申し込み制など、プライバシーを守るための制度を実施。また、多数の症例を基に親切・丁寧な無料カウンセリングを行っている。
東京ノーストクリニック
開院20年は信頼の実績。最新麻酔技術を取り入れた包茎治療、亀頭増大、亀頭周辺のブツブツ治療も行っている。 経験豊かな病院スタッフはすべて男性で、診察も先生とのマンツーマン、しっかりとしたプライベート空間を提供している。

包茎の種類


ホーム RSS購読 サイトマップ